春分の日「music live&movie&グループ展」



素晴らしい春分の日になりました。

銀河創造の真の幕開けにふさわしい日。


エクストラスクリーンへと。


オリジナルのハートの輝きを放つ。

ミニドキュメンタリー映画

原初の光・Beginning of Light


私自身に降りたオーバーソウルからのチャネリングメッセージが土台となり展開してゆく小さな映画。


そこには生命の永続性、

光の根源、宇宙の普遍、愛への進化…などが

織り込まれています。


宇宙意識のオーダーによって、具現化しました。

「豊かさのレゾナンス」ワークショップがあった、

息子のいおりの誕生日の前後に3回に分けて

私自身の宇宙への帰還があり、そのときに繋がり

降ろされたメッセージです。


映画にしてゆく、という閃き。


チャネリングメッセージはエラゴンがすべて録音して

翻訳してくれていました。映画のなかのナレーション、

歌はすべてコンタクト中の変成意識のなかでの響きに

なり、そのときの周波数が伝わってきます。


作為的なものは一切ない次元の輝き、響き。


映像を録り、メッセージを字幕にしてくれたエラゴン、映像や写真を繋いで全体を表現してくれた娘のミモザ、

サポートをしてくれたいおり。

藤原Kou が降ろすネップミュージックの光。

友人たちとの軌跡…多次元的に織り込まれています。



私にとってはこの数週間のふたりの子どもたちとエラゴンとの実際の製作過程における愛の共同創造からの歓び、気づきが大きかったです。


ただ自分の創造の源との循環があったこと。

それは歓びそのもので、互いへのリスペクト、

信頼と責任が常にあったこと。テレパシーのように

意志疎通があり、スムーズだったこと。

愛のみの共同創造だったこと。受け取っています。


特に17歳を迎えた娘のミモザの彼女ならではの感性の

豊かさ、鋭さに感心しました。

ほんの最近まで、今日ライブを行ったグリッドの高校に

通っていました。自分の意志で学校を辞めて、

現在はアーチストとしての道を開いています。

いおりも得意分野の音楽編集などで積極的に関わり、

ずっとサポートしてくれました。


我が子でありながら我が子ではない、

既に子どもたちは開かれています。


オリジナルの輝きを発動するにあたり、最後まで外にまだ抵抗をみましたが、それは成されました。


裏側のドキュメントもまた、愛でした。


光と闇が統合されて、、押し出されました。


これまでのすべてが走馬灯のように甦ります。


藤原Kou の先祖の光の地へ導かれ、

この地へ引っ越してきたときのこと、

それまでの人生、それ以降の人生、

出会い、別れ、旅…


また輝きの原初に還ってゆく。


本当に今日の今日まで、

いろんなことがあり、今は自分を封じてきたすべての

秘密も溶けて、解けてゆくとき。

やっと対等なる愛に、戦いなき心に戻っていっています。


それでもいつも愛に包まれ、最善を生かされてきたこと。

受け取っています。


すべての人が等しくハートに叡知を秘めていること、

知っている…答えはいつでも自分のなかにあること。

本当の自分に繋がって、宇宙はすべてに応えてくれること、思い出しあっていくこと、オーバーソウルからの愛のメッセージを響かせあえば

世界は豊かに満ちていくこと…

すべての生命体がメッセージを発動していること…


メッセージは無限に拡がってゆくのだということ。

自由を書き換えてゆくのだということ。


完全に閉じて守られてきた次元から、

ゆっくりと花開くように、

愛を完全なものにするために…

選んできた。駈けてきた。


光の種を次世代に受け継ぎながら。

時を継ぐ。


今日はたくさんの方々とハートの奥ふかくで響きあえ、

繋がりあえて、温かく満ちています。

遠いところからも来てくださってありがとうございました。


ワークショップ、出展もありがとうございました。


えほん 月波やさん。ユニークなご主人と暖かい空間でした。

【場 所】 「えほん 月波や」

FB:https://www.facebook.com/tsukinamiya879/

HP:http://tsukinamiya879.com/index.html


【住 所】大分県豊後高田市玉津379-1


ーーーーーーーー

私たちの初めてのドキュメンタリー映画、

原初の光・Beginning of Light 。

珠玉のメッセージにハートが満ちます。


春先もイベントは続きます。是非、観にみてください。


また映画や映像製作へのアドバイスやご協力、

イベントの共同主催も大歓迎です。


ミニ映画を自由に表現しあう会とか、

とともにお話会や出展、ミュージックやボイスでの饗宴なども面白そうです。


メッセージのテキストはまだまだ10倍くらいあり、丁寧に丁寧に繋いで創っていく歓びがあります。ミニ映画という領域を飛び出すかも知れません。


そして、何度でも受け取り直すことができる。


見せるためでもなく、ただただ内奥を表現する。

表現することで新しい自分に出会う。


新たな始まりの1歩。

この原初の輝きのまま。

さらに根源の光へと。


これからの大きなライフワークとなりそうです。


まだまだ儚き宇宙の光。


若い才能溢れる光の世代も活かされます。


どうぞよろしくお願いいたします





3回の閲覧